上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いやぁ・・・

このエディタ見るのも、

ホ~ント、おひさかたぶりぶり( ̄◇ ̄*)ゞ

ってか、春先のスキンだし・・・(ーー;)



FC2のすぱむちっくコメントに、

す~っかり、

嫌気がさしたりささなかったり・・・


ま、最初はそーだったんですが、

休んじゃうと、なかなかねぇ・・・(^_^;)


とゆーことで、とりあえずしぶとく生き残ってはいます( ̄∀ ̄*)ゞ



なまきゃらめるby○也牧場・・・( ̄∇ ̄*)ゞ

↑いちごみるくきゃらめる作成中♪

ってことで、
自家製キャラメルを作成してみました。

もちろん、ヒマこいてる○也をこき使って( ̄∇ ̄*)ゞテヘッ


ご存知でしょうけど、いちお(^_^;)

ウチの生キャラメルレシピ

まずは、材料。

生クリーム 100cc
○牛乳 50cc
○砂糖 50g
○バター 25g
○はちみつ 5g

ベースはこれです。

で、もしもこれから挑戦!

なんて方がいらしたら、

テフロン加工のお鍋とシリコンヘラは必需品!

高温・低温のなかでも「ねり」「混ぜ」万全!!シリコンラバー一体成型で耐酸性、耐油性抜群耐...

百均のヘラでも問題ないけど、

シリコン以外は溶けちゃいますよ~って、経験者(^_^;)

ミトンもあると、かき混ぜ中、手が熱くないのでオススメです。

あとは、冷やして固める型にシリコン製のお弁当カップはスグレモノです。


カラフルなお弁当にするならコレ!BON BON ランチシリーズ ディップ&シリコンカップSET!
いろんな形もたのしいし♪

をよういしましょうね( ̄∇ ̄*)ゞ

では作り方も、いちお(^_^;)

テフロン加工の鍋に○の材料をみんな入れて、
バターが溶けるまで中火。
バターが溶けたら、強火で沸騰させちゃいます。

ここまで、いっさい混ぜちゃダメ!
もしもバターが溶けにくかったら、
シリコンヘラでお鍋に押し付けちゃってみてくださいね。

で、沸騰したところへ、
おもむろに生クリームを投入します。

で、弱火にして、あとは混ぜるだけ・・・

ぐる~っと全体を混ぜるより、
小さい丸を描くように混ぜながら、
全体を混ぜていくってほーが、
お鍋のふちにくっつきにくいとおもいます(^_^;)

ふちについた材料が焦げないようにこそげながら、
ひたすら混ぜましょ♪

でも、あんまり弱火じゃ時間が掛かります。

このときふちの材料が、
焦げない程度の火加減が自分にピッタリといえるかも・・・(・・?

全体的にとろみが出てきて、
かき混ぜたヘラの跡にお鍋の底が覗くようになったら出来上がり♪

だいたい15分から20分ってところかな(・・?

あ、でも火を止めて、お鍋をレンジからおろしても、
しばらく混ぜ続けてくださいね。

あとはシリコンカップに注いで、
荒熱が取れるの待ちましょう。

冷凍庫に10分程度入れると、
ペロッっとカップから取り出せます。

お好きな大きさに切って、
オーブンペーパーなんかにくるめばお使い物にもできますね。

ウチでは、切ったまま器に入れて冷蔵庫・・・ですけど( ̄∀ ̄*)ゞ

で、いろんな味に挑戦するのも楽しいですよ♪


バニラエッセンスは定番ですけど、

今回のいちごみるくあじは、

ベースのはちみつ抜いて、バターを減らし、

いちごジャムをどばーっと入れちゃいました。


意外とというか思い通りの味にはなったんですけど・・・

つぶつぶが(^_^;)


裏ごしさせるんだったなぁ・・・(ーー;)



オススメレシピができたら、教えてくださいね( ̄ー ̄*)ゞ


スポンサーサイト
2009.10.03 Sat l 日々 l コメント (3) トラックバック (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。